妊娠を望むなら葉酸を摂取しよう|先天性の病を防ぐ

ホルモン分泌調整

植物

穏やかな作用

マカは南米ペルー原産のアブラナ科の多年生植物で、根を薬用ハーブとして用います。マカはにホルモン分泌を調整する作用、血行をよくする作用があり、そのために妊活に最適のサプリと言われています。マカは陰茎動脈の血行をよくし、勃起を促す効果のある物質が含まれていることから当初は男性用の精力増強剤というとらえ方がされていました。しかし、マカはそうした即効性が期待される薬物のようなものではなく、毎日摂取して徐々に体調を整えてくれる身体に優しい成分を含んでいます。マカが女性、特に妊活中の女性にいいとされるのは、ホルモンバランスを整えることで生理不順をなおしたり、排卵機能を活性化するのに役立つからです。血行をよくする成分があるため、女性に多い冷え性も改善してくれます。

夫婦ふたりで飲む

冷え性の原因のひとつは自律神経の乱れにあります。自律神経は内臓諸器官の働きを調整しており、これが乱れるとさまざまな不調が出てきます。自律神経はホルモンバランスとも関係があり、妊活にとって自律神経の調子を整えるのは大事です。マカはビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、アミノ酸を豊富に含みます。これらは疲労回復を助け、心身のストレス抵抗性を高めてくれます。ストレスはホルモンバランスに影響を与えるので、妊活のためにはストレス対策も重要なのです。こうしたさまざまな効果を持つマカは、夫婦で摂取するのがお勧めです。疲れやストレスから勃起力を保てないという男性の味方になってくれます。夫婦で飲むことにより、飲み忘れを防ぐこともできますから効果的です。