妊娠を望むなら葉酸を摂取しよう|先天性の病を防ぐ

新しい診断方法

赤ん坊

体外受精が前提となるために高額な費用がかかるなどの注意点もありますが、着床前診断は出生前診断と違って中絶などの心配も無い検査方法です。何度も流産を繰り返してしまう原因としては染色体異常があります。着床前診断をすることで、そういった染色体異常による流産を防ぐことが可能になります。

詳しく読む

ホルモン分泌調整

植物

マカは南米ペルーに生えるアブラナ科の植物で、根が薬用ハーブとして用いられます。ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、アミノ酸を豊富に含み、疲労回復とストレス抵抗性を高めてくれます。ホルモン分泌を助け、血行をよくする作用があるため、妊活には最適のサプリです。

詳しく読む

流産を予防する医療技術

医者

着流産を予防する着床前診を行なうことで、流産の繰り返しで発生し不妊症のリスクを高めてしまう「子宮内癒着」の予防とも繋がります。着床前診断は不妊症や習慣流産で悩まれている女性の為の医療技術なのです。

詳しく読む

赤ちゃんに必要な栄養とは

妊婦

赤ちゃんが生まれる前から

妊娠して出産するまでの間、栄養バランスの良い食事を摂ることはとても大切です。しかし、気を付けていても不足しがちな栄養素があります。それは葉酸と鉄分、カルシウムです。特に葉酸は赤ちゃんの先天性の奇形のリスクを減少させたり体の成長を促す働きがある栄養素で欠かせないものです。また、葉酸は血液をつくる働きもあります。葉酸は妊娠したことが分かってから摂取するのではなく妊娠前から摂取することが重要だといわれています。赤ちゃんが欲しいと考えている時からお母さんになるための健康な体づくりが始まっていると考えたほうが良いでしょう。葉酸は赤ちゃんの体が作られる妊娠初期に最も必要な栄養素ですから妊娠に気付く前から不足しないようにしたい栄養素なのです。

栄養素の働き

葉酸は、ほうれん草から発見された栄養素で、ビタミンMやビタミンB9と呼ばれることもあります。細胞分裂やDNAをつくるために必要な栄養素で、お腹の赤ちゃんが成長するためにとても大切な栄養なのです。先天性の奇形である神経管閉鎖障害は、葉酸を妊娠前から妊娠初期まで摂取することでリスクが低減します。また、葉酸はビタミン12とともに血液をつくる働きをしています。不足すると赤ちゃんやお母さんが貧血になってしまう可能性があります。このようにとても大切な栄養素なので積極的に摂取したいところですが、葉酸は水溶性のビタミンなので水や熱に弱くて壊れやすい性質をもっています。必要量を摂取するためにはサプリメントを利用するのも1つの方法です。